副作用には注意|避妊ならマーベロン28で効果的な成果が期待できます!

副作用には注意

指で摘んでいる薬

マーベロン28にも副作用といったものはあります。ここではその副作用についてまとめてみました。

ピルの副作用は頭痛や吐き気、肌荒れ、女性には気になる体重増加などがありますが、マーベロン28には、これらの頻度が少ないです。
マーベロンはホルモン量が少ないので副作用が少ないのです。
しかしホルモン量が少ないことが途中の不正性器出血につながることがあります。これを防ぐには、なるべく同じような時間に服用をするようにしましょう。
出血の状態はピルを飲み続けているとなくなってくることが多いです。

また、飲み合わせにも注意しておきましょう。テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質などは腸内の環境に大きな影響を与えるので、併用するとマーベロン28の再吸収力を抑え込んでしまい、避妊効果が落ちてしまう可能性があります。
フェノバルビタールやフェノバールなどといった薬の中のバルビツール酸系製剤とも相性が悪く、避妊効果を落としてしまったり不正性器出血を起こしたりします。
お薬なので身体との相性や、個人差もあります。ちょっと変だなと思ったら服用をやめてお医者さんに診てもらうと良いでしょう。

また、服用が心配だという方は、口コミサイトなどでもリアルな使用者の情報も聞けるので参考にしてみましょう。
自分の体調や体質とかんがみて考慮することができるほか、調べて見ることで通常では調べきれないような効能、生理痛の抑制や生理不順の解消、卵巣がんの予防になるといったようなプラスな情報も得ることができます。